meet the press blog: 最新のニュース、アナリティクス、そして今日の議論を促すデータ

教育組合は、Covid救済とインフラに関する組織的な取り組みの一環として、数百万ドル規模の広告購入を開始します。

全米教育協会は、コヴィド救済とインフラへの大規模な投資を行い、民主党の支援を賞賛し、それを怠った共和党を非難して、学校年度をスタートさせようとしています。

NBC Newsが入手したNEAのメモによると、このキャンペーンには2つの要素があります。1つ目は、今年初めに民主党の票のみで成立したCovid救済法「American Rescue Plan」と、両インフラ法案をベースにした7桁のデジタル広告キャンペーンです(ソーシャルメディアとストリーミングで展開。(超党派で次の民主党の和解法)を発表しました。) 2つ目は、インフラ法への支持を高め、Covidの支援金を学校のニーズに充てるよう促すための1,000万ドルの動員作戦です。

NEAの資料によると、「アメリカ救済計画」では、公教育への連邦政府の投資額が1,700億ドルになると予想されていました。同団体によると、スクールバスの電化、ブロードバンド・アクセスの向上、ユニバーサル・プリスクール、2年間の無料コミュニティ・カレッジ、学校の鉛管の修理などが、議会で処理されているインフラからの次の法案の優先事項となっています。

パンデミックCOVID-19が地域社会を混乱させ続けている間、生徒の安全を守り、生徒の成長を助けるために、「公立学校が必要なリソースを確実に受け取れるようにした」とNBCニュースの声明にあるように、NEAは「アメリカン・レスキュー・プラン」を支持してくれた政治家たちに感謝したいと思います。

「学校に戻るということは、黒人も白人も、ネイティブもニューカマーも、ヒスパニックもアジア人も、パンデミックによって悪化した、換気が不十分な老朽化した校舎に戻ることを意味します」。学校施設を近代化し、就学前教育や高等教育へのアクセスを改善してコストを削減し、深刻な教師不足に対処し、生徒の未来に投資するためには、議会はビルド・アジェンダを超えて、断固たる行動を取らなければなりません。Back Better」です。

このアナウンスは、28の議会地区で行われます。また、上院議員や知事の選挙が行われる9つの州でも実施されます。下院選挙区の大部分は、ジョシュ・ハーダー議員、ケイティ・ポーター議員など、脆弱な民主党現職議員がいます。下院選挙区の大半は、ジョシュ・ハーダー、ケイティ・ポーター、マイク・レビン、ジョージア州のルーシー・マクバス、キャロライン・ブーブーといった民主党の現職議員が弱体化しています。ルーシー・マクバス、キャロライン・ブルドー、そしてバージニア州の代表。NEAは、「アメリカン・レスキュー・プラン」を支持したことを評価します。

2022年に再選を目指す民主党議員には、アリゾナ州のマーク・ケリー上院議員、コロラド州のマイケル・ベネット上院議員、ジョージア州のラファエル・ワーノック上院議員、ニューハンプシャー州のマギー・ハッサン上院議員、ネバダ州のキャサリン・コルテズ・マスト上院議員、ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事、ウィスコンシン州のトニー・エヴァース知事などがいます。また、ミシガン州のグレッチェン・ウィットマー知事、ウィスコンシン州のトニー・エヴァース知事、ミネソタ州のティム・ウォルツ知事、カンザス州のローラ・ケリー知事(この法案は連邦政府に影響を与えるため)も参加しています。

また、この広告キャンペーンは、4人の共和党員を起訴しています。ウィスコンシン州のロン・ジョンソン上院議員、カリフォルニア州の共和党議員。また、ウィスコンシン州選出のロン・ジョンソン上院議員、カリフォルニア州選出のマイク・ガルシア下院議員、ヤング・キム下院議員、ミシェル・スティール下院議員の4名は、「アメリカン・レスキュー・プラン」に反対票を投じることで、公立学校への資金援助を拡大する努力を妨害しています。

今回の広告購入は、インフラ推進を特徴づけ、民主党のCovid救済計画を強化するための最新の試みです。民主党や共和党寄りの組織は、数百万ドルを投じてこの案についてメッセージを送っています。

NEAの発表によると、1,000万ドル規模の組織化活動は、広報活動と同時に行われ、その目的は、「救助計画の資金が、最も必要としている学校、生徒、子どもたちのプログラムに確実に届くようにすること」と、「バイデン大統領の『Build Back Better』アジェンダへの支持を高め、この法案がアメリカの公立学校と生徒にとっていかに重要であるかを地域社会に理解してもらうこと」にあります。”