経済

経済

経済特別区(SEZ)に入るとはどういうことですか?

経済特区(SEZ)とは、他の国とは異なる経済的なルールの対象となる国の一部のことです。SEZの経済法は、一般的に外国からの直接投資に有利であり、それを誘致しています(FDI)。ある国の企業や個人が他の国の商業的利益のために行う投資は、FDIと呼ばれています。

国や個人が経済特区(SEZ)でビジネスを行う場合、多くの場合、減税や低い関税を支払うことができるなど、追加の経済的利益を享受することができます。

経済特区。経済特区の概要(SEZ)

経済特区は、いくつかの地域で急速な経済成長を達成するのに役立ちます。このような経済的拡大は、外国資本を誘致するための税制上の優遇措置や技術的進歩によってもたらされます。

SEZは、実施国と中間製品を提供する国の両方の輸出を押し上げることができます。しかし、政府が制度を維持するために利用する可能性もあります。 税制上の優遇措置、投資能力の向上は、経済的利益の一例です。規制の制約があるため、経済特区は多くの官僚主義を生み出すことにもなります。このお金がシステムから流れ、効率が悪くなります。
経済特区内で活動する企業、個人、団体にはメリットがありますが、経済特区モデルを採用している国にとってのマクロ経済的、社会経済的なメリットについては議論の余地があります。

経済特区は、1950年代後半に先進国で誕生しました。SEZは、国際的な企業の投資を促すために作られた。最初に作られたのは、アイルランドのクレア州にあるシャノン空港でした1。1 また、1970年代には、ラテンアメリカや東アジアの国々でも経済特区が設立された。

中国

多くの国が経済特区を設立していますが、経済特区を利用して外国の資金を集めることに最も成功しているのは中国です。1979年に広東省の深圳、珠海、汕頭と福建省の厦門が中国で最初の4つの経済特区を設立した2。

1983年、中国は海南島を経済特区のリストに加えた。

最初の経済特区の成功を受けて、政府は1984年に14の「開放沿海都市」の設立を決定した。これらの都市は、投資プロジェクトの承認、外国人投資家への優遇措置、設備や技術の非課税輸入など、経済特区と同様のメリットを持つ。経済特区は基本的に自由な経済環境であり、中国国内の革新と進歩を促進するものである。中国政府は、これらの地域のインフラをさらに拡大するために、海外の投資家に税制上の優遇措置を与えています。

中国の場合、経済学者の多くは、経済特区が、伝統的な国家であった中国の自由化に貢献したと考えている。経済特区がなければ、中国は同じレベルの国の変化を実現できなかったかもしれない。

10万円の仮想通貨があれば、危なげなく勝負できます。

無料のストック・シミュレーターを使って、あなたのトレーディングの才能を試してみましょう。インベストペディアでは、何百人もの他のトレーダーと競争し、トップへの道をトレードすることができるかもしれません! あなたのお金を投資する前に、よく考えてみてください。あなたのお金を賭けて、シミュレーション環境で自分のお金を扱う練習をしてください。いざというときに、実際の市場に参入できるように、取引戦略を練習しましょう。今日は「株式シミュレーター」を試してみましょう。