プレス

プレス

クリステン・プレスは、キャリアの最初の10年間は、アウェーの試合にしか出場しませんでした。

彼女が生まれ育った南カリフォルニアでは、一流の女子プロサッカーは1シーズンしかありませんでした。そのため、フロリダ、スウェーデン、ユタ、イギリスなどで公演を行った。自宅以外ならどこでも。

“ロサンゼルスでプロのアスリートになることは、私にとってずっと夢でした。” どのチームも『ロサンゼルスでフランチャイズできるなら、必ず派遣する』と言ってくれました。いつ実現するか誰にもわからないから、みんなそう言うんだろうなと思っていました。”

月曜日、南カリフォルニアのNWSLフランチャイズであるAngel City FCは、クラブ初の契約を締結し、リーグ史上最多の選手を獲得したことを報道機関に報告しました。クラブは報道機関に契約の詳細を明らかにすることを拒否していますが、交渉担当者によると、契約は3シーズン続き、費用は70万ドル強だそうです。

これまで、代表選手のNWSL契約にはUSサッカーが資金を出していましたが、記者選手の契約はエンジェル・シティが担当します。エンジェルシティは、2022年のNWSLドラフトでの1巡目指名権、アロケーションマネーの7万5千ドル、エクスパンションドラフトでのロスタープロテクションを、1年目のチームであるレーシング・ルイビルFCに2回渡しています。世界チャンピオンとの契約をちゃんとした。

エンジェル・シティは、NJ / NY Gotham FCのモダン・テーブル、フレイア・コムがクラブの初代コーチに選ばれた数時間後の記者会見で契約しました。

私はそのスタッフの一員です。夢の実現よりも少し少ない、”彼は 2010 年に彼の失踪の前に、ロサンゼルスの太陽を見たことを覚えて、プレスを追加しました”。私のキャリアを通して、それは可能とは思えませんでした。夢のようです。”

来年のエンジェル・シティのデビュー時には33歳になる記者は、昨春、女子スーパーリーグのマンチェスター・ユナイテッドでプレーしました。また、スウェーデンの2つのクラブ、NWSLの2つのクラブ、そしてサンが参戦していた今は亡き女子プロサッカーリーグで1シーズンプレーしていました。

彼女の家族や友人たちは、彼女のパフォーマンスを見るために世界中を旅したと報じられました。スウェーデンでは、父親がかつて彼女と一緒に暮らしていた。親しい友人が旅行で見に来てくれたと言っていた。クラブの6つのチームへの参加は印象的です。

“私にとっては円を閉じるようなものです “と1週間で語っています。

クラブでの活躍とは裏腹に、代表チームでは、過去6年間のうち4年間は全試合に出場し、昨年はチームリーダーと同じ数のゴールを決め、今年はアシスト数を教えるなど、プレスは際立っている。くれました。国際試合155試合で64ゴールを記録した彼女は、アメリカンフットボールの歴史の中で9番目にランクされています。

エンジェルシティのスポーツディレクターであるエニオラ・アルコ氏は、彼女の柔軟性、耐久性、得点力に惹かれてプレスに参加したと語っています。アメリカ代表として過去43試合で41ゴール・アシストを記録していますが、近年のプレスはプレーメーカーとして活躍しています。エンジェル・シティの要求のほとんどをコントロールしながら、守備の強化に奮闘している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。